top of page
IMG_2457_edited.jpg

J O H N  N I E L A N D 

John Nieland (ジョン・ニランド) 1966年生まれ、オランダのアムステルダム出身の 近代美術画家です。

奔放的なスタイルで, 作品はカラフル、表現力豊かな絵を描きます。 彼の作品は一見シンプルですが、多数の重ねられた層により、実は手の込んだ アートなのです。表面の下にはたくさんの絵が描かれており、制作された全ての ものには歴史が込められています。 また多重層の間にはたくさんのストーリーや秘密が隠れています。

 「私にとって、作品を見た後に言葉では表現することができないものが一番大切 と考えています。それをこの作り出す作品によって、表現する本質に戻りたいと思い、 ストレートな表現をすることにより、自分の自由さをキャンバスに表しています。 つまり自発性を、そして「人生を生きている中で感じる感情」を伝えたいと願い、 表現しているのです。

 

教育

ジョン・ニランドはアムステルダムにあるRietveld Academie (リートフェルト大学)へ入学しました。その大学では詳細でかつ繊細な部分まで考えながら描く技術を教えられていました。しかし、ジョン・ニランドのアートに対する価値観は「考えるより感じる方」が優先されており、考え方の不一致があり大学とは離れ、自分の道を切り開く事が出来たのです。

「私の作品は自発的でかつ奔放的に描いたものです。私はよく重ねられた層を作ることにより、3Dのような効果を感じることができます。一見簡単そうに見えるかもしれませんが、実はそうではありません。いろんな色をキャンパスで混ぜ合わせ、構成を見つけだし、きれいな表現が出来るようにストーリーを作り出すことは困難です。私はこのやり方で自由を表現したいのです。」

 

仕事のやり方

作品の制作にあたり、一層目の描かれている絵から彼独自のスタイルが表現されています。情熱的に描くには、直感的なプロセスがあります。時折、戦っているような見方もできるような作品もあります。キャンパスに色をぶつけて斬新的な表現をすることもあります。この感情的な表現により、新たなストーリーが構成されるのです。描いている間にその構成は変化しており、完成した作品からは一番最初に描かれた一層目の作品も見る事ができるような仕上がりになっています。

「私は考えずに作品を作ります。形は自然にキャンパスの上で生まれます。直感的な作り方により、形は魔法にかかったように生まれだします。そこで私が感じたものが形になります。正直に言うと、一つの絵はいつまでも完成できませんが、つまり私はいつまでもその作品を変化することができ、表現することができます。

 

ジョン・ニランドの人生

新しいものを取り入れない地味なライフスタイルを送っています。

アムステルダムの近くの歴史的な建物に住んでいます。収入が入ると彼はいい絵画の材料を購入しています。自然がジョン・ニランドにとって、いい友達であり、直感を豊かにするためにとても大切なものです。

作品の中で彼の気持ちを表現することは、一番大事なことです。

「私は自分独自の道を切り開き、人がしないことを作品として表現しています。私の作品を理解するためには、もっと想像力を豊かにして、いつも考えていることから少し離れてみると、私の作品のメッセージが受け取れるだろう。

この世界で本当の自由を感じるためには、ファンタジーが必要です。」

 

 

プロフィール

ジョン・ニランドはオランダのアムステルダム出身の近代美術画家です。

作品はカラフルで、表現力豊かなものです。

色の関係・形・彼らの感情・心情を呼び起こし、彼の作品で「人生を生きている中で感じる感情」を伝えたいと考えている。

 

 

博覧会

2022年 ハーマン・ヴァン・ヴェーン アートセンター(美術館)の博覧会
2022年 ドバイのギャラリー
2022年 ドバイの美術館の博覧会 
2021年 オランダの美術館の博覧会
2019年 オランダのコルテンフーフ ギャラリー
2018年 日本の東京 オランダ大使館 博覧会
2017年 日本の竹田市 博覧会
2017年 イギリスのロンドン ギャラリー 
2017年 スペインのイビッツァ ギャラリー 
2017年 オランダのデン・ハーグ ギャラリー 
2017年 オランダのデン・ハーグ  ギャラリー 
2016年 オランダのナールデン ギャラリー 
2015年 オランダのウェイデメレンド ギャラリー 
2015年 オランダのスグラーヴェンランド  ギャラリー 
2015年 ベルギーのアントウェルペン  ギャラリー 
2015年フランスのパリ ギャラリー 
2014年 オランダのナールデン  ギャラリー 

BIOGRAFIE: Biografie

'HET DOEK ZAL BLIJVEN SCHREEUWEN ALS EEN DIER, EEN NACHT, EEN MENS OF DAT ALLES TE SAMEN' 

citaat van Constant, CoBrA groep, 1948

bottom of page